賃貸でペット可と表記があったとしても、特定の種類は駄目ということがありますので要確認です。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸でペット可でも猫は駄目な場合があります

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸でペットを飼いたいという人は多いと思います。人によっては絶対にペットと一緒に住まないと駄目だというくらいにペットを愛している人もいると言えます。そこでペット可の賃貸を選ぶことになりますが、ペット可であっても猫だけは駄目というところはあります。ペットと言えば猫や犬が代表的だと言えますので、普通は大丈夫だと思いがちですが、そういった表記があったとしても油断はできないということです。

何故、猫が駄目なのかと言えば、猫が引っ掻くことが多く室内が劣化しやすいということが原因になるでしょう。犬であれば、大人しくしていますが、猫の場合はどうしても床や壁を爪で引っ掻くということがあり、過去にそういう経験があったオーナーの場合は禁止にしがちです。また、爬虫類は駄目というオーナーもいます。爬虫類を可能にしてしまうとたまに危険な種類の動物を飼おうとする人もいますので、禁止にしている場合も多いです。ヘビを飼っていて逃げたということになれば、賃貸中が迷惑を受けるということにもなりかねないからです。

ですからペット可という表記があったとしても、どのペットが大丈夫なのかは必ず確認をするべきです。良い物件ほど、その制限は多いと言えますので、条件が合っていって良さそうな物件が見つかった場合は契約を急いだ方が良いでしょう。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.