賃貸を選ぶ場合には重要な要素として、仲介業者の感じの良さを考慮に入れる必要は一切ありません。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸選びの際に仲介業者が好きでない場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸選びをしていてどうしても、そこの会社の営業の人が好きになれない場合があります。賃貸物件は良さそうだが、何だかその人が合わなくて、借りるのはどうかと思う場合も実際にはあります。そういう場合に契約するかどうかは、自由だと言えますが、仲介業者が誰であろうとオーナーに関係している人ではないということは頭に入れておいた方が良いでしょう。不動産の賃貸というのは仲介業者はオーナーから依頼されて、営業しているにすぎません。最も重要視すべき点は本来であれば、どういうオーナーなのかということです。

しかしほとんどのケースでどういうオーナーが経営している不動産なのかは見えにくいということが現状でしょう。理想としては経営が安定しているオーナーの賃貸を借りるのがベストです。仮にオーナーが経営破綻をしてしまうと、その不動産が競売にかけられるでしょうから、その際にはまた新たに賃貸契約を結び直すということが必要になってきます。更に当初収めた保証金などが戻ってこない場合が多いですので、かなり損害を被るということになるのです。

現実にはオーナーの存在は見えにくいですので、どういう経営状況かは分からないということは多いかもしれません。しかし仲介業者はあくまでも、仲介しているだけですので、物件の良し悪しだけで決めた方が無難だと思います。たまたま合わない営業マンが付いてしまったという場合も往々にしてありますので、気にしない方が良いです。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.