賃貸の初期費用では消費税が課税・非課税なものとに分かれます。増税があると費用が上がるのは間違いありません。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸の初期費用で消費税が適用されるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸には初期費用が掛かりますが、消費税が増税になっても全てに適用される訳ではありません。見落としがちなのかもしれませんが、家賃に対する消費税というのは元々課税対象ではありません。そういうことで、増税されるから家賃も上がるということは本来はないと言えるでしょう。もしも増税で家賃が値上がりするということであれば、便乗値上げと言っても間違いではありません。しかし、増税により全ての経費が上がるので、建物を維持するためには家賃も値上げしないといけないという言い分も無い訳ではありません。

ここは難しいのですが、はっきりしていることは、家賃は非課税であるということです。そして敷金礼金というものにも税金がかかりません。消費税の対象としては仲介手数料と保険料が代表的なものになります。よって初期費用全てが対象ではないにしろ、消費増税の影響で賃貸の初期費用は確実に上がるということは間違いないでしょう。増税の影響があるので、賃貸の契約を急いだ方が良いということも間違いではないということになります。また家賃自体も先ほどの通り、便乗ではないでしょうが、上げられる可能性がありますので、出来れば消費増税の前に賃貸契約をして引越しをしておいた方が得になります。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.