高齢者への賃貸物件の供給が厳しい中、国が地方自治体へ公的賃貸住宅の供給のバックアップをする制度を設けている
賃貸マンションでの変わった引っ越し

高齢者が借りやすい賃貸物件の制度

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は高齢者社会を迎えていますが、高齢者は賃貸物件を借りにくい、と言われているそうです。理由として、高齢者は定年退職を迎え、年金にて生活するため、安定した収入がないため、貸主が毎月きちんと家賃を払ってもらえるのだろうかと心配をして、貸すことを躊躇ってしまうからだそうです。そこで、国が地方自治体へ、その地域のニーズにあった、そして住環境を整えるため、公的賃貸住宅の供給をバックアップをするための制度を設けたそうです。

そのバックアップする制度を、高齢者向け優良賃貸住宅制度というそうです。この高齢者向け優良賃貸住宅制度は、高齢者が賃貸物件を借りづらい現状をふまえ、高齢者が安心して居住出来る様に配慮された制度になり、廊下に手摺を付けたり、室内の段差をなくし、バリアフリー化されていたり、緊急事態に対応してもらえるサービスを付加されている賃貸住宅を供給して、高齢者が住み良い環境をすることなどになるそうです。60歳以上の夫婦または一人暮らしの方が対象で民間企業おの協力をもとに供給していくそうです。住宅を供給してくれる企業にも、費用の助成や家賃の減額に対する補助をしてくれるなどの支援措置が取られるそうです。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.