初めての賃貸を探す場合は戸惑うことが多いかと思います。お部屋探しの基本となることをいくつか挙げました。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

一人暮らしでの賃貸・部屋探しの基本について。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしをするにあたって、まず決めなくてはいけないのがお部屋です。賃貸探しは初めてだから、一体何から手をつけていいのかわからない、という方もいるかと思います。そのような方に、まずは見てもらいたいお部屋探しの基本を紹介します。

まずは家賃の目安を決めましょう。自分の毎月の収入はどの程度で、生活費はどのくらいになるのか、最終的に家賃にはいくら当てられるのか、など、無理のない範囲で計算しておきましょう。住む場所によって変わるとは思いますが、私が大学生のときは家賃を除いた生活費は月4〜5万円ほどでした。次は立地です。通勤・通学にかかる時間はもちろん、近くにスーパーはあるのか、騒音は大丈夫そうか、など様々な面から考えることができます。もちろん全部を望みどおりにすることはできませんし、住んでみないとわからないことも多いですが、よく検討しておきましょう。私の場合、自転車通学なのに住居から学校までの高低差が多く通学に苦労しました。候補が絞れたら、後は実際に部屋を見ましょう。間取りやキッチン、バスルーム等、自分で譲れない点があるでしょう。それをしっかり詰めてください。

晴れて契約が成立すれば、めでたくそこの住人となります。お部屋が決まってからも新生活のスタートは大変なことも多いかと思いますが、しっかり悩んで決めた住居ならばすぐに慣れるでしょう。上に書いたことを参考に、新しい第一歩を踏み出してください。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.