狭い賃貸なら白ベースの色で家具やインテリアを統一すると狭い印象にならず、清潔感もあると思います。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

狭い賃貸は白ベースのインテリア

このエントリーをはてなブックマークに追加

お部屋に入った時に感じる色はとても大事だと思います。狭い賃貸のお部屋の場合、色にもこだわったほうがいいんじゃないかと思います。印象としては白ベースで家具やインテリアを統一すると狭さをあまり感じないんじゃないかと思います。清潔感もありますし、色のセンスに自信がないひとにも簡単だと思います。棚やベッドやカーテンなどを白かベージュ系にすると、やさしく明るい印象になると思います。部屋の高い位置に明るい色が目立つとそこに目がどうしても行き、部屋の狭さが誇張されてしまうと思います。

カーテンの色も意外と目立つと思うので、無難な白を選ぶと圧迫感を感じず、白い壁とつながるような感覚でいいんじゃないでしょうか。白い家具はかえって汚れが目立ちそうで心配、とうならナチュラル系の色、ベージュ系のものを選ぶといいと思います。部屋が広いならば色は好きなものを選べばいいと思いますが、狭い部屋を少しでも広く感じさせたい、自分でも広く感じたい場合は白ベースがいいのではないでしょうか。そこに個性だったり良い雰囲気を加えたい場合は、いくつか間接照明を配置すると大人っぽさやリラックス空間を作れてしまうと思います。観葉植物を置いてみるのもいいですね。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.