URは年々増加している高齢者や障害者が健康面、あるいは収入面で安心して生活できる賃貸住宅を用意しています。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

高齢者や障害者が健康面や収入面で安心して生活できる賃貸住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

UR(都市再生機構)は民間の賃貸住宅と違って全国に所有する約77万戸の賃貸住宅に礼金、手数料や更新料及び保証人なしで入居できる制度を導入しているので、住環境や交通の利便性の良い住戸は入居希望者が多くてなかなか空きが出ないようです。一方で、年々、高齢者や障害者の急増している社会で蓄えがなく、収入が少なかったり、身寄りの少ない高齢者や障害者も増加していますが、このような人は民間の賃貸住宅に入居することが簡単にできないため、安心して生活できる場を必要としているのです。

高齢になると体力や気力の衰えによって入居するにしても生活空間がバリアフリー型でないと生活しにくいなどの理由で一定のQOLを維持している室内設備になっている住戸が必要になるため、体機能の低下した高齢者は賃貸料の安い民間アパート等にも入居できないわけです。そこで、国では地方自治体と連携して高齢者の居住安定に関する法律に基づいて一定の収入以下等の条件が付きますが、高齢者や障害者でも住めるようにURの賃貸住宅の一部を改修工事した上で賃料補助をし、必要な人には生活支援サービスを提供する高齢者向け賃貸住宅が用意されています。高齢者の状況により健康面で支障のある人、収入面で支障のある人など、様々なケースが考えられるので、それに対応する賃貸住宅が用意されています。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.