賃貸物件には原状回復の義務がありますが、契約時に確認をしていなかったばかりに大変な思いをすることもあります。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸物件の原状回復を考えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸マンションやアパートでは、賃貸借契約書に原状回復義務というものが記載をされています。そして、原状回復するための費用は、貸主と借主との間で一定のガイドラインに沿ったルールの基で決められるようになります。このルールは、重要説明事項と呼ばれる説明の中で必ずあり、もしもない場合の契約は不正となります。原状回復は、部屋に入居したときの状態に戻すということになりますので、カーペットや壁紙、キズや網戸、水廻り、エアコンの臭いまでの全てが対象になります。仮に便利だからといって設置したキッチンの棚や2台目のエアコンがあったとしても、全て元に戻されることになります。

このため、汚れや傷み、勝手に設置にしたものがあればあるほど原状回復の費用は高くなります。この原状回復の費用は多くの場合、住む期間が長い程工事負担の割合は減るようになっているものです。そして、敷金から費用が引かれ、余った敷金が返ってくることになりますが、実際は返金されることは少ないと考えておいたほうが無難です。近年では、退去時の原状回復を巡ってトラブルが起こることも少なくありません。トラブルで多いのは請求される金額が多かったり、明らかに借主の負担でない場合に請求されることです。このようなトラブルを回避するためにも、契約時に説明を受ける原状回復の理解は非常に重要なのです。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.