賃貸は借り物ですから、部屋のメンテナンスやケアなどは管理会社に任せておけます。なので気が楽なのです。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸が楽な訳について

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で大きな責任を負わなくても良いというのは、何事においても気が楽なものです。責任を持つということは、将来のことまで含めて考えておかなければいけません。もし何か事が起きれば、それは全て自分の責任として跳ね返ってきます。そういう意味でも、借りているもの、というのは気が楽です。賃貸などはそのよい例でしょう。ここは管理会社、大家さんが責任者であり、自分のものではありません。もしこれが持家であれば、何年か経ったらメンテナンスして、リフォームして、などと後々の家全体のケアまで考えて生活しなければいけませんが、賃貸は借りている場所ですから、とりあえずは汚したり傷を付けたりしなければ大事になることはありません。

家を持つということは、その家丸ごとの責任を負うということです。その家の将来のメンテナンスや、場合に寄っては手放すときのことまで含めて面倒を見なければいけないという事です。なので責任は重いです。その点、賃貸ならば管理会社、大家さんに賃料を払うという条件で家の面倒を見てもらえます。責任を負わなくても良いという賃貸の住み方が合っている人もいれば、持家を責任を持って管理したいという人もいるでしょう。人それぞれ住み方というのは違います。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2018 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.