子どもと一緒に賃貸に住んでいると、傷つけたりしてしまうこともあります。やってはいけない理由を教えましょう。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

子どもが賃貸を傷つけてしまったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもと一緒に賃貸物件で生活していると、必ずといって良いほど壁や床に傷を着けてしまうものです。たとえわざとではないとしても、活発な子どもほど自制がきかないものですから、その分傷を付けてしまう確率が高くなります。そういう場合、親としてはなぜ傷つけてはいけないのかをちゃんと教えておくべきです。賃貸は自分たちの持ち物ではなくて、大家さんという人の持ち物だから、人のものを傷つけてはいけないというようなことを教えましょう。もちろん自分の家であっても傷つけられるのは困りますが、他人にものはまた別格です。それは子どもにとっての良識としても、他人に迷惑をかけてはいけないというレベルの話です。

ここで大切な事は、単に子どもの行為を感情的になって批判するのではなく、理由を教えるということです。もし何度言っても傷つけてしまうようであれば、ちょっと手荒ですが、お小遣いなどから修繕費を出させるという教え方もあります。おそらく子どものお小遣いだけでは賃貸の修繕費には足りないでしょうが、一度どれくらい修繕にかかるのかを身をもって教えておくというのも一つの方法かもしれません。子どもにとっては賃貸の仕組みはよくわからないでしょうから、親がしっかりと教えておくようにしましょう。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.