賃貸に住んでいて、気になるような破損を発見した場合には自分で手を出さない方が良いという理由について。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸の気になる破損部分の修繕

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸に住んでいると、部屋の一部が破損していることに気付いたりするものです。それがいつからなのか、また自分のせいなのかというのは大体は分からないことが多いです。例えばフローリングなどが一部剥がれていて、このまま放置しておくのもかなり気になるという場合も多いです。そこで考えるべきはその気になる部分を修繕するべきか否かということです。そういう修繕作業が得意な人は自分で簡単にすぐやってしまいそうですが、これはやらない方が良い場合が多いです。

普通の賃貸であれば、まずは不動産業者に連絡をしてどうするのか任せるということになります。いちいち面倒かもしれませんが、こういうことは手を出さないことが原則です。賃貸は他人の所有物ですので、壊してはいけませんが、勝手に直してもいけないということになります。結局自分で直してしまうと、出来栄えが悪かったりして後で原状回復のために余計にお金を払わないといけなくなる場合があります。一番最悪なのは自分で業者を頼んで修繕することでしょう。これをやってしまうと、部屋の内装を工事してしまったということに取られかねませんので、オーナーからの印象がかなり悪くなります。場合によっては業者を呼んで直した上に、更に元通りにするためオーナーが業者を呼び、その費用を負担しないといけない事態になることがあります。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.