基本的に賃貸の大家さんにお歳暮などを贈る必要はありません。自分はお客であると考えた方が良いでしょう。
賃貸マンションでの変わった引っ越し

賃貸の大家さんに気を遣う必要があるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の大家さんに気を遣って年賀状などを書いている人も世の中にはいるようです。またお歳暮も送ろうという人までいますので、いろいろな人がいるということです。通常であれば顔も知らないような大家さんに対してそこまで気を遣う必要性はないと言えます。形式上は大家さんがオーナーで自分は借りているということですが、お金を払って借りている訳ですので、お客さんであるという認識が正しいです。ですから逆に借りている方が何か贈り物があってしかるべきではないかと、どちらかと言えばそう思います。

もちろん、現実にはお歳暮や年賀状を贈ってくるような賃貸のオーナーはほとんどいません。経験したことがあるという人は非常に少ないでしょう。もっとも、顔見知りで知っている人がオーナーでお世話になっていれば、そういうお付き合いの仕方は社会人として当然のことだと言えるでしょう。しかし全く顔も知らないようなオーナーに敢えて気を遣う必要はないと個人的には思います。いつも注意されていて、自分が不利な状況にある場合はその限りではないでしょう。例えば、家賃を滞納したことがあり、そのお詫びとしてお歳暮などを贈ってご機嫌伺いというのは有りかもしません。しかしこういう場合でもお歳暮はいいから、しっかりと家賃を払ってくれというのがオーナーの心情になるでしょう。

その他、おすすめのページ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションでの変わった引っ越し All Rights Reserved.